昼寝のリラックス効果

昼寝はリラックス効果がある

昼寝はリラクゼーション効果あり

昼寝は体に良い効果をもたらします。例えば、疲労回復です。一説には、1時間の昼の睡眠は3時間の夜の睡眠に匹敵するとも言われています。また、記憶力、集中力のUPが期待でき、眠ることで気分転換にもなるので、ストレスの軽減効果も期待できます。ただし、休みの日でない限り、昼に長時間眠れる人は多くないと思います。しかし、短時間でも十分そのリラクゼーション効果は得られると言われています。最近では外出先でも気軽にリラックスして昼寝ができるよう、リラクゼーションを売りにした、カフェやスペースを提供しているお店などもあります。

短時間の昼寝で体力・気力を回復

夜の睡眠時間が足りていないわけではないのになぜか午後の初めにはもう疲れを感じる、目の間が重い、肩コリが慢性的にある等の症状がある場合にはリラクゼーションを日常生活にうまく取り入れることによってこうした症状を軽減することができます。ヨーロッパで最も暑い国であるスペインで、現在でもまだ行われている昼食後のシエスタと呼ばれる昼寝タイムは通常のお店だけでなくオフィスでもまだ適用されているスペイン式リラクゼーション法です。日中の暑い時刻に一、二時間家で昼食をとり体を休めた後仕事を再開し、夜十時という信じられないほど遅くから始まる夕食~デザートまでを乗り切るラテン民族のテンションと体力を保つ知恵。十分から二十分ほどの短時間で驚くほど頭がスッキリします。

昼寝の効果に関する情報

新着情報

↑PAGE TOP