昼寝で元気になる

昼寝でリラックスするには

昼寝とコーヒーでリラックス

リラクゼーションの一環として、昼寝をするという方もいらっしゃると思います。疲れを取りたいのに逆に疲れが溜まってしまっては意味がありません。どのようにすればいいのでしょうか。意外に思われるかもしれませんが、30分程度の場合は寝る前にコーヒーを飲むと効果的です。カフェインは服用後概ね30分程度で効果を発揮しはじめますので、寝る前に飲んでカフェインを補給しておくと、起きる頃に効き始めてすっきりした目覚めが期待できるのです。このように、リラクゼーションに科学的な要素を少し加えると、効果がぐっと高くなります。

疲労回復効果のある昼寝のすすめ

明らかに睡眠不足である時、または夜しっかりと寝たつもりでも疲れが取れていない時にはリラクゼーション方法として20分程度のお昼寝がおすすめです。ソファにもたれかかって、それが無理ならどこかに腰をかけた状態で目を閉じ体の力を抜きます。出来ることなら、着ている物を緩めましょう。その状態を20分くらい続けます。すると、疲労回復し頭の中が整理され、その後の行動が捗ります。精神安定にも効果があります。とても簡単なリラクゼーション方法です。お昼寝の時間が長すぎてしまうと、眠気を引きずってしまうことになるので注意しましょう。

昼寝の効果に関する情報

↑PAGE TOP